螢の光もう一度

平松愛理

螢の光もう一度

作詞:平松愛理
作曲:平松愛理
発売日:1996/01/19
この曲の表示回数:10,769回

螢の光もう一度
螢の光を泣きながら歌ったこと
どんなに変わっても 忘れない
桜咲く季節に

思い切り走っても 果てしなかったグラウンドが
こんなに小さく見える日を 知らなかった

怖かった平均台 笑われていつかきっと、と誓った
近づいたら膝までない夢を もう叶えはしない

螢の光を泣きながら歌ったこと
どんなに変わっても 忘れないでいよう
いい思い出だけが やがて大きくなること
確かめるために 又来よう
桜咲く季節に

百葉箱の裏側 刻んだ永遠の友情
誰にもまだ気づかれず ここで生きている

さかあがりできた時に 逆さの校舎を見て砂へ落ちた
痛みより驚いてた記念日を 釘でしるした

螢の光を手をつなぎ歌ったこと
あなたもどこかで 振り返り笑って
つらい気持など 時間がまく煙になる
負けそうになったら 又来よう
桜咲く季節に

螢の光を泣きながら歌ったこと
どんなに変わっても 忘れないでいよう
いい思い出だけが やがて大きくなること
確かめるために 又来よう
桜咲く季節に

又来よう 桜咲く季節に

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:11:00

  1. 残響散歌
  2. 心という名の不可解
  3. ベテルギウス
  4. 逆夢
  5. ドライフラワー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 心という名の不可解
  2. IT'S A BOP
  3. FREEDOM
  4. ラッキー・ブルート
  5. ドメスティックでバイオレンス

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照