螢の光もう一度

この曲の表示回数 5,590
歌手:

平松愛理


作詞:

平松愛理


作曲:

平松愛理


螢の光を泣きながら歌ったこと
どんなに変わっても 忘れない
桜咲く季節に

思い切り走っても 果てしなかったグラウンドが
こんなに小さく見える日を 知らなかった

怖かった平均台 笑われていつかきっと、と誓った
近づいたら膝までない夢を もう叶えはしない

螢の光を泣きながら歌ったこと
どんなに変わっても 忘れないでいよう
いい思い出だけが やがて大きくなること
確かめるために 又来よう
桜咲く季節に

百葉箱の裏側 刻んだ永遠の友情
誰にもまだ気づかれず ここで生きている

さかあがりできた時に 逆さの校舎を見て砂へ落ちた
痛みより驚いてた記念日を 釘でしるした

螢の光を手をつなぎ歌ったこと
あなたもどこかで 振り返り笑って
つらい気持など 時間がまく煙になる
負けそうになったら 又来よう
桜咲く季節に

螢の光を泣きながら歌ったこと
どんなに変わっても 忘れないでいよう
いい思い出だけが やがて大きくなること
確かめるために 又来よう
桜咲く季節に

又来よう 桜咲く季節に
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:螢の光もう一度 歌手:平松愛理

平松愛理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-01-19
商品番号:PCCA-00872
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP