試聴する

1万メートルの景色

この曲の表示回数 9,802
歌手:

小松未歩


作詞:

小松未歩


作曲:

小松未歩


流れる雲に視界 奪われて 水平飛行中の午後
間違いだらけの恋と知ってても 戻れない たぶん
星に尋ねた どこまで行くの? 翼が誘ってる

空が近い いつもより 疲れた心を休めよう
ひざ抱えて泣いた夜もあったけど くり返すのね 好き?嫌い?彼が好き

追えば逃げる気まぐれな態度 計算ならすごい罪
ひとりじゃないって大声で叫びたい 誰もいない場所で
地図どおりの ground 小さな町 見下ろせば 理想なのに

時を越えて 許し合う こんなに弱い部分を見せるなんて
その場のノリで大胆に振る舞える 奔放さがいい 受け身は嫌だから

空が近い いつもより 疲れた心を休めよう
ひざ抱えて泣いた夜もあったけど くり返すたび
絆は深まってゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:1万メートルの景色 歌手:小松未歩

小松未歩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-12-19
商品番号:AOCS-1003
AOR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP