試聴する

Kalmia

この曲の表示回数 17,291
歌手:

GACKT


作詞:

Gackt.C


作曲:

Gackt.C


僕はただ歪んでゆく街を 遠くから眺めていた
音は何も聞こえない 首のない人形がたくさん笑ってる

宇宙へ還っていく すべては宇宙へ
君も生まれた場所へ 泣き叫びながら
君の叫び声が 小鳥の群れに…絡む 螺旋のまま

すべては消えてゆく こぼれた涙を受け止めたときに
砕けてゆく音まで 僕の躯に流れ落ちた

カルミアの黄昏は 溶け合うほど熱くなって…
僕の笑い声は 喜劇のように…
夜明けのまばたきは 誰より優しくて

飛び散るガラスの奏でる音色に 眠りを邪魔された
冷たい月が泣き叫ぶ 最期の祈りは一雫の雨
夜明けのさよならは 今の僕には哀しすぎて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Kalmia 歌手:GACKT

GACKTの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-04-25
商品番号:CRCP-40001
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP