雪港

この曲の表示回数 16,381
歌手:

永井裕子


作詞:

木下龍太郎


作曲:

四方章人


どこかへ下駄も 脱ぎ捨てて
走って来たけど
船は桟橋 離れてく
ひと足違いで 掴めなかった
女ごころの しあわせを
あなた待ってて いいですか…
声も届かぬ 雪港

見馴れた文字が 乱れてた
別れの一行
走り書きした置手紙
苦労を背負って 一緒に行くと
決めた想いも 知らないで
あなた本当に 罪ですね…
夢も凍える 雪港

どんなに袖を 振ろうとも
霧笛を残して
船は岬に消えて行く
これきり恋など しないと言った
酔った昨夜の ひとり言
あなた信じて いいですか…
答え貰えぬ 雪港
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪港 歌手:永井裕子

永井裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-09
商品番号:KICM-30025
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP