ゴースト

この曲の表示回数 22,122
歌手:

Galileo Galilei


作詞:

尾崎雄貴


作曲:

尾崎雄貴


裏庭に君の身体を埋めた
僕の魂も埋めてしまいたい
言われるままベッドにいたけど
寝静まる頃には 抜けだして

夜中の街を自転車でかっ飛ばした
君がいる気がして 君がいる気がして
どんな恐ろしい儀式をしたって
君はかえらない 君はかえらない
そんなことは しってる

いいかげんにしろと僕を叱る
彼らが代わりに死ねばよかった
滅茶苦茶な心の矛先を
まわりのすべてに振りかざした

ネオンの街を自転車でかっ飛ばした
それがすべてじゃない それがすべてじゃないんだ
そんなことを誰にさとされたって
君の代わりなんてない
君の代わりなんてないんだ
バチがあたって自転車で素っ転んだ
二度と笑えない 二度と笑わない
この亀裂すら埋めてしまったのなら
何かが大きく 変わってしまう
僕はそれが 怖かった!
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ゴースト 歌手:Galileo Galilei

Galileo Galileiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-01-27
商品番号:SECL-1837
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP