試聴する

バス停

この曲の表示回数 9,770

雨上がりの夕暮れに バスを待っていた いつものように
子供をしかりつける母親の声 錆びた時刻表

何を境にいつから大人になったのか 思い出せないまま
約3分遅れているバスにいらだっている すべてうまくは進まない

やさしさを打算的に考えるようになったのかな
僕もあなたも バスの中では はしゃげない

一番奥の席で 外を見ていた 頬杖ついて
未だ行けずじまいの店 工事現場 そしてなくなった古い喫茶店

まるですべての出来事に気付かないように バスは行き過ぎる
そんなふうにして 僕はこの先も 暮らしてゆくのかな

人目を気にしてしまうから 僕が僕でなくなってゆく

ひと駅前で降りて すこし外の風と歩こう

やさしさを打算的に考えるようになったのかな
僕もあなたも バスの中では はしゃげない

ひと駅前で降りで すこし外の風と歩こう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:バス停 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-06-28
商品番号:UPCH-1497
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP