試聴する

続・赤いスイートピー

この曲の表示回数 45,979

アルバムの最後の色あせた押し花が
海辺に誘うの

駅員に頼んで写真撮ってもらった
同じベンチで あなたがいないだけ

赤いスイートピーの花が咲く
季節がまた来るの
もしも強引にこの腕を
つかんで生きてくれたら
続いてるの?

幸福な結婚してると聞いた時
何故かほっとした
優しいあなたには 優しい人がいい
女らしくておとなしい人が

赤いスイートピーの花ひとつ
髪へと飾るのよ
少しおとなびた私を
あなたに見せたいけれど
無理な夢ね

きらめく砂をけって
未来へ翔けていた
あの日に戻れるなら
すべて失くしていい

赤いスイートピーの花が咲く
季節が哀しいのよ
もしもわがままを言わずに
生きれば運命は違ったの?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:続・赤いスイートピー 歌手:松田聖子

松田聖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995/03/08
商品番号:SRCL-3181
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP