名もない男のブルース

この曲の表示回数 24,894
歌手:

鶴田浩二


作詞:

宮川哲夫


作曲:

吉田正


何も知らずに 咲いてた頃が
俺にゃいちばん 花だった
夢を見ながら飲む酒ならば
なんでにがかろ 今のように
想い出してる カウンター

何処へ消えたか おんなの娘さえ
今日は見知らぬ 顔ばかり
うしろ向かずに ただ前向きに
生きていたっけ あの頃は
明日がくるのが 嬉しくて

せめて云いたい でっかいことを
言葉ばかりで 終っても
酔いのまわらぬ グラスを重ね
ぎゃくに淋しく なるばかり
誰のせいでも ないけれど
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:名もない男のブルース 歌手:鶴田浩二

鶴田浩二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-06
商品番号:VICL-41031
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP