平和の歌

この曲の表示回数 19,338
歌手:

&G


作詞:

KAN


作曲:

KAN


むかし君がぼくを殴った
もう何年も前のことさ
どうしてなのか
わからなかった
今でもそのアトは かすかに
残ってるかもしれないけど
ぼくならもう
とっくに忘れたよ
さらさら

だからぼくはこうして
君と手をつないでる
いつでも君が望む道を
ぼくも歩いてく

むしろぼくはこうして
君に手を引かれてる
もし君がその手を離したら
ぼくは転んでしまう

誰かが君を傷つけた
聞いたこともないやり方で
何があったのか
わからないけど
ただ見てるだけの
ぼくだった
ただ一番悲しいことは
君が誰かを憎み続けて
いること

そしてぼくはこうして
君によりかかってる
君が急に背をむけたなら
ぼくはたおれそう

ときにぼくはこうして
君の胸に抱かれる
その胸の鼓動は静かに
悲しく響いてる

まとはずれかも
しれないけど
君には気づいてほしいんだ
これつまりある意味
平和の歌だと

だからぼくはこうして
君と手をつないでる
いつでも君が望む道を
ぼくも歩いてく

むしろぼくはこうして
君に手を引かれてる
もし君がその手を離したら
ぼくは転んでしまう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:平和の歌 歌手:&G

&Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-03-10
商品番号:VICL-35647
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP