雪散花

この曲の表示回数 5,012
歌手:

長谷川千恵


作詞:

悠木圭子


作曲:

鈴木淳


しんしん降る雪 窓に咲く
しのび逢う夜の 港宿
激しく抱いた その後で
あなたは出て行く 私はひとり
ゆれて哀しい 寒椿
雪に埋もれて 散る運命

ホロホロ涙が とまらない
枕 濡らして 夜が明ける
愛の名残りの 爪のあと
恨む側から ああ恋しがる
重ねた胸の ぬくもりに
未練涙の ひとり宿

しんしん胸が 痛みます
私の明日は 何処にある
凍る身体を 抱きしめりゃ
あなたの吐息が 聞こえるようで
肌に未練が 燃え残る
恋を断ち切る 雪が舞う
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪散花 歌手:長谷川千恵

長谷川千恵の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-02-21
商品番号:TEDA-10412
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP