夕映えにゆれて

夏川りみ

夕映えにゆれて

作詞:及川眠子
作曲:都志見隆
発売日:1999/05/21
この曲の表示回数:16,751回

夕映えにゆれて
夕映えが染めてゆく あなたの白いシャツを
握りしめた指さえ いまはせつない
唇がさよならと動くときがこわくて
道端に咲いている花を見つめていた

ちいさな時計 巻き戻しても
まぶしいふたりに帰れないのに

抱きしめた想いは
行かないでと叫びそうになる
ゆらゆらと 心にまだ残った
愛しさにゆれて

あなたと描いてきた未来の景色もただ
さよならの瞬間に闇のなかに消える

わかっているの 背を向けるのも
ふたりが幸せになるためだけど

抱きしめた涙は
そばにいてと頬にこぼれる
はらはらと 心に閉じ込めてた
悲しみにゆれて

ふたりの胸で輝いていた
愛という陽射しが傾くたびに

抱きしめた想いは
行かないでと叫びそうになる
ゆらゆらと 心にまだ残った
愛しさにゆれて

ゆらゆらと 心にまだ残った
愛しさにゆれて

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

注目度ランキング

  1. なにやってもうまくいかない
  2. エンターテイナー
  3. PARTY
  4. 食べた愛
  5. CHASER

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照