新宿海峡

この曲の表示回数 7,384
歌手:

彭城渉


作詞:

たきのえいじ


作曲:

緑一二三


水割りの角氷 かきまわす度
ほろ苦いおもいでが めくれていく
呑む程に酔えもせず 背中を丸め
あの頃をひとり 追いかけていく
新宿海峡 カモメもいない酒場町
新宿海峡 風が啼く

ひからびた歳月が ボトルに映る
人生の哲学を 書き印して
若き日をふりむけば 子供に還る
がむしゃらに熱い サムライだった
新宿海峡 夕陽が赤く染めていく
新宿海峡 夢が舞う

汗ばんだくちびるが 恋しい夜は
バーボンを胸に 流しこむだけ
新宿海峡 酔いどれ達の船着場
新宿海峡 雨がふる 雨がふる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:新宿海峡 歌手:彭城渉

彭城渉の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/09/27
商品番号:TKDA-72008
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP