冬枯れの町から

この曲の表示回数 8,137
歌手:

矢野裕子


作詞:

石坂まさを


作曲:

弦哲也


あなたはいつものように
ソファーにくつろいで バーボンを開け
私の居ないことに 気づくでしょ
待つことに疲れた私は
海辺の町に来て
カモメの歌など聞いてます
あなたがこの手紙 読む頃は
又 汽車に乗って
見知らぬ町へと 旅をするでしょ

はらはら粉雪が舞う
小さな停車場に 降り立ちました
これからどこへ行けば いいんでしょ
この愛を抱きしめ私は
名もない花になり
明日のしあわせ 祈りたい
最後に あなたへの お願いは
私を忘れて
あなたは あなたの 道を歩いてね
サヨナラ……あなた
……愛していました
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬枯れの町から 歌手:矢野裕子

矢野裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP