蜃気楼

この曲の表示回数 6,768
歌手:

真田弦一郎(楠大典)


作詞:

近藤ナツコ


作曲:

牧野信博


光の向こうで 浮かんだその景色を
目を少し細め 記憶に詰め込む

どこからか 聞こえる声
広い大地 夢が飛び交う

見えない速度で 螺旋を描いて
時空を越えて蜃気楼 幻と変わる前に
凍てついた冬も 燃えたぎる夏も
夕日に染まる懐かしい あの優しさを探して

いつか消え失せる 一時それでもいい
生まれて残した 証があるなら

背中越し 通り抜ける
天を仰ぐ 風の囁き

言い訳も嘘も いらない世界で
強さを秘めた輝きは 真実だけを照らして
昨日よりもっと 今日よりもずっと
明日へ続く鮮やかな 架け橋を歩いてゆく

光に満ちた未来へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:蜃気楼 歌手:真田弦一郎(楠大典)

真田弦一郎(楠大典)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-05-21
商品番号:NECA-30167
インデックス ミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP