ひとり寝の子守唄

この曲の表示回数 22,758
歌手:

加藤登紀子


作詞:

加藤登紀子


作曲:

加藤登紀子


ひとりで寝る時にはよォー
ひざっ小僧が寒かろう
おなごを抱くように
あたためておやりよ

ひとりで寝る時にはよォー
天井のねずみが
歌ってくれるだろう
いっしよに歌えるよ

ひとりで寝る時にはよォー
もみがら枕を
想い出がぬらすだろう
人恋しさに

ひとりで寝る時にはよォー
浮気な夜風が
トントン戸をたたき
お前を呼ぶだろう

ひとりで寝る時にはよォー
夜明けの青さが
教えてくれるだろう
一人者(ひとりもん)もいいもんだと

ひとりで寝る時にはよォー
ラララ………
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとり寝の子守唄 歌手:加藤登紀子

加藤登紀子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-09-01
商品番号:POCH-1594
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP