喜びの詩

この曲の表示回数 8,057

空は誇り高く 見慣れた街に 朝を運んだ
風は木々と歌い 雨はきれいな 花を咲かせた
水たまりだけ 輝いてる この道
鳥の流れを 見つめている

光は生きるものを 変わらぬ愛で 育てるけれど
今のこの自分に 果たして何が 出来るのだろう
大きな腕の 素晴らしき そう 世界は
肩を掴んで 問いかけてる

願いが いつか 叶うなら
この胸 揺らす 喜びの詩を

ここに生まれた事 そっと受け止めて くれたでしょうか
強く 尊いもの この両手にも 巡るでしょうか
口に出せない 迷いや この 痛みは
やがて薄れて ゆくでしょうか

願いが いつか 叶うなら
この胸 満たす やすらぎの詩を

深い闇を 恐れないように
この手の中を あたためよう

愛しい人を 包めるように
その幸せを 祈りながら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:喜びの詩 歌手:ひふみかおり

ひふみかおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP