試聴する

PEARL-WHITE EVE

この曲の表示回数 53,665
歌手:

松田聖子


作詞:

松本隆


作曲:

大江千里


赤いキャンドルが燃えつきるまで
抱きしめて折れるほど
誰も愛さない そう決めたのに
もう誓いを破ってる

真珠の雪をリングにして
指に飾って
今夜私はあなたのものよ
素顔のままで粉雪の夜(イヴ)

暖炉の炎が消えそうだから
あたためて身体ごと
不幸な恋なら前にしたけど
もう一度信じたい

氷の張った池の上を
歩くようだわ
勇気を出してあなたの胸に
飛びこみたいの粉雪の夜

心を見えない糸で結んで
永遠にそばにいて

かたく閉ざした貝のように
生きて来たけど
今夜私はあなたのものよ
両手広げて粉雪の夜

目覚める頃はプラチナの朝
汚れひとつない世界

真珠の雪をリングにして
指に飾って
ピンクのパジャマ リボンほどいて
それが私の贈りものなの

壁のスキーの雪が溶けて
滑り落ちてく
今夜私はあなたのものよ
生まれたままで粉雪の夜
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:PEARL-WHITE EVE 歌手:松田聖子

松田聖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-01
商品番号:SRCL-3704
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP