試聴する

秋爽

この曲の表示回数 11,785
歌手:

KOTOKO


作詞:

KOTOKO


作曲:

C,G mix


運命と信じた熱い空の下で
痛いほど抱き合って潮騒も焦がした
一瞬目が眩んで揺れた陽炎たち
波音数える君が遠くに見えた

ああ 眩しすぎた風景はきっと
幻さとつぶやく秋蝉(あき)の声

波間に消えた想い出は君と
今もどこかで生きていますか?
言葉少なに去っていった肩を
季節外れの雨が叩き続けた

ずっとこのままで…と 言葉遮(さえぎ)った
困ったような横顔 冷やし撫でる海風
夕日が切り取った砂の足跡たち
一つずつさらわれ あの夏も消えてった

ねぇ君は何を忘れられるの?
高くて遠すぎる秋爽(あき)の空

ひとり訪ねた十月の海辺
凪いだ水面に季節(とき)を感じた
何も言えずにぼぅっと立ち尽くした
親指の砂は今も切なくきしむよ

人影消えた渚へもきっと
また新しい季節が巡る
秋冷の風が通り過ぎる前に
言いそびれていたサヨナラ波へ返すよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:秋爽 歌手:KOTOKO

KOTOKOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-10-13
商品番号:GNCA-0017
ジェネオン エンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP