月を盗む

この曲の表示回数 13,187
歌手:

元ちとせ


作詞:

上田現


作曲:

上田現


記憶の底に沈めた思いを
唯解き放てば、救われるだろうか。
焼き付いたまま 消せないものたち
通りすぎたのは時間だけじゃないから
眠りに付く瞬間の匂い
あなたに(あなたに)
何時か 届け
騒ぎ続ける月に手を差し
託した思いは屋根をかすめて
遠く遠く果てまで遠く
夜の影を集めて光る夢
答えのない問いを 何度も探して
嘘だと知りつつ この胸に隠した
幼い子供達の悪戯を
あなたと(あなたと)
秘密の贈り物
届くはずも無い月影ならば いっそ二人で盗んでしまおう
ひそかにひそかに月を砕いて 輝く氷を川に流した
深く深く海ノ底へ 雪の様に舞い続け光る夢

記憶の底に沈めた思いを
唯解き放てば、救われるだろうか。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月を盗む 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/11/23
商品番号:ESCL-2750
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP