Just another day

この曲の表示回数 5,610
歌手:

ZIGGY


作詞:

森重樹一


作曲:

戸城憲夫


どんな服を着ておまえを迎えにいこう
こんな午後の徒然 やっぱりけだるい
その日暮し叶わず さざめく季節
日がな一日俺は 途方に暮れよう
天気予報の声が告げる
夕方からの空模様
折り畳み傘が 見つからなくて
手ぶらで橋を渡る
信号を待つ重なり合う肩に
それぞれの Just another day

レンガ造りの塀に沿う 道を歩く
細い坂を下りきって 車を拾おう
生真面目に 読まれた新聞が
屑かごのなかで愚痴零す
明日になれば 気にも留めない
戯れ言達の声も枯れる
信号待ちに 舌打ちしながら眺めてる
Just another day

宵待人でやがて この場所は溢れるだろう
皮肉な雲が西の 空を覆っている
天気予報じゃ
「夕方から時折強い雨が降る」って
律儀な雨が夜を待たずに
乾いた道を つぶさに濡らす
信号待ちの傘の下には
それぞれの Just another day
いくつかの Just another day
いくつもの Just another day
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Just another day 歌手:ZIGGY

ZIGGYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-03-25
商品番号:PHCL-5026
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP