α-Skill

UVERworld

α-Skill

作詞:TAKUYA∞
作曲:TAKUYA∞
編曲:UVERworld
発売日:2023/07/19
この曲の表示回数:17,323回

α-Skill
他人が どんなに派手な生活をしていたって
自分もそれをしたいとは思わない

あいつが どんなに可愛い子に囲まれてたって
僕は今の人を 一番愛してる

でも 素敵な歌を歌ってる人を見ているとき
僕はきっと悲しそうにしてる

理想がそこにあって 気持ちが強すぎて
耐えられなくなってく

本当に大好きな
音楽だけが
僕をみじめに
時に卑屈に
うらやましいと
僻む卑しいやつになり下げていく

悔しいけれど
持たざる者と
選ばれし者
自分が一体どちらかは
もう解り切っている

僕を振ったあの子が 今 幸せならば
本当に嫌われてよかった

夢に敗れて 逸れた道のその先で
また夢を見る それが人生

自分のコンプレックスを受け入れられるくらい
強いはずなのに

本当に大好きな
音楽だけが
僕を苦しめ
時に憂鬱に
いさぎの悪い
見苦しいやつになり下げていく

悔しいけれど
持たざる者と
選ばれし者
自分が一体どちらかは
思い知らされている

それでも 今日まで積み上げてきたメロディも
言葉もリズムも 疑ったことはない

心の支えに 必要としてる人を音楽が見放したとこも
見たことない

音楽だけが
孤独を包み
寄り添ってくれる
閉じた心の隙間からでも
生きる意味をくれる

映画のストーリー
落ちこぼれ達が夢を叶えると
なんか泣いちゃうんだよな

きっと僕は
持たざる者が起こす奇跡に自分を投影し
心を動かされてきた

そしていつか
選ばれずに 持たざる君が僕に自分を投影し
起こす奇跡

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×