FROG MAN

すとぷり

FROG MAN

作詞:じん
作曲:じん
編曲:じん
発売日:2022/12/21
この曲の表示回数:28,853回

FROG MAN
ペトリコールとカラス 靴を鳴らす
肩に影を落とす 街を透かす

傘を差し開いて 裏に色を暈す
息が 雨に溶けていく

そこらかしこじゃ ダウナーが手を叩く
自棄に声を出す 野次を飛ばす

ずぶのたくらんけの歌で 耳を冷ます
跳ね上がれ 跳ね上がれ
トンで 空まで

詰りあって 腐って 如何でも好くなって
引っ切り無しに 唱える
「ごめんね」って また突っ慳貪に
七変化して ムードに紛れ込む

刻むウィンカーで 飢える 次を探す
罠に手を伸ばす 君を誘う

酷く間違ってしまえば しまうほど
乾くのさ 渇くのさ

君が僕を望んでる
本当の浅ましさを知ってる

底抜けの 愚かさの裏で

濡れて
酩酊感で 舌の上に乗って
不衛生に 抱き合って
不確かを 知ろうとして

嗚呼
一生涯 融けたりしない呪いを
丁寧に 唱えあって
干からびるまで ただ

巡り合ってしまった
興じてしまった

引っ張り合って 苦しむ
スリップロード

ちゃちな幸福感で トリップして
迷路に迷い込む

粘り付いた癖に 喉を鳴らす
宙に目を這わす 君を探す

夜を継ぎ接いで 歌に欲を化かす
喚くだけ 叫めくだけ

君に僕は望んでる
最低な鳴き声で甘えてる

ずぶ濡れの嘘を 隠したままで

揺れて
一心不乱に 舌の上で踊って
シトシト 掬いあって
手と手を 掴んでいて

嗚呼
一層 熱を出して疼く呪いを
丁寧に 擦りあって
今はまだ まだ

仮初め 噂通りに
街並みに 寄り添えば

明滅のネオンの 薄明かりに
汚れきった 性が浮かぶ

これが本当の声かどうか
今じゃもう解らない

ひた隠しにしていた 僕を
また隠すのさ 隠すのさ

君は全部を知ってる
もう疾っくに答えを見つけてる
沈黙と 涙の裏で

やめて
どうせなら 優しさもころして
僕をみつけないで 綺麗にしないでいて

嗚呼
一生涯 融けたりしない呪いが
解けてしまったって
僕はまだ まだ

濡れて
酩酊感で 舌の上に乗って
不衛生に 抱き合って
不確かを 知ろうとして

嗚呼
一生涯 融けたりしない呪いを
丁寧に 唱えあって
干からびるまで ただ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:14:00

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. KICK BACK
  4. 明日への扉
  5. アイラブユー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照