Veranda

Tele

Veranda

作詞:谷口喜多朗
作曲:谷口喜多朗
編曲:谷口喜多朗
発売日:2022/09/21
この曲の表示回数:50,829回

Veranda
僕は君のベランダを知らない。
あの部屋では遂に煙草を吸わなかったから。
夜の隙間に隠れた時計、
まるで散らぬような顔の花。

風が頬に振り落とす。
季節が告げている、
さよならだと。

愛はここにあって、
まだ言えない理由も夢中も
全部笑って待ってる。
代替案持ってこないで、 不憫じゃないか。
いつか、 抱擁で縛り合い憎み合うなんて。
金糸雀色のカーテンについた、
真っ黒い点から目が離せないや!

僕は君のベランダを知らない。
朝日が差し込む角度も、 その寂しささえも。
僕の隙間に入り込んじまってさ、
まるで平気な顔で眠りにつく。

狸みたいな猫のあくびで、
崩れた君の顔を眺めていたんだ。

別れを知らない僕らは、
再会をいつだって恐れてる。

別れを知らない僕はさ、
再会を君とだけはしたくないんだ!

愛はここにあって、
まだ言えない理由も夢中も
全部笑って待ってる。
代替案持ってこないで、 不憫じゃないか。
いつか抱擁が縛り合い、 陽が落ちるなんて!

愛はここにあんぜ。
まだ見えない?
僕は待つよ。 地続きでパリにいけるまで!
もう最悪でやるせない夜は、 できれば僕に寄りかかっていて。

金糸雀色のカーテンが揺れる。
陽だまりからは溢れた二人。
金糸雀色のカーテンを外す。
ザマアミロ!君の手をとり街をゆく。

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×