夢つれづれ

この曲の表示回数 12,446

花暦めくれば 暖かき陽にゆれて
夢一輪の花びらを また散らすけど
青空の淋しさを 愛おしく思えば
生きていることそれだけで 胸が熱くなる

あゝふりむけば すべてがまばたき
女に生まれたことを 悲しいなんて言わない
つれづれの恋のあと つれづれの夢のあと
立ち止まれば 時は過ぎてしまうから

若き日をたどれば 懐しさ?をぬらし
夢一輪の花びらを また摘むけれど
想い出に遊べば 心さえなごんで
こみあげてくる嬉しさで この手見つめてる

あゝこの季節が あしたのためなら
女に生まれたことに ため息なんてつかない
つれづれの恋のあと つれづれの夢のあと
立ち止まれば 時は過ぎてしまうから

あゝふりむけば すべてがまばたき
女に生まれたことを 悲しいなんて言わない
つれづれの恋のあと つれづれの夢のあと
立ち止まれば 時は過ぎてしまうから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢つれづれ 歌手:堀内孝雄

堀内孝雄の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-04-15
商品番号:PSCR-5122
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP