だいじょうぶ

この曲の表示回数 6,033
歌手:

遊佐未森


作詞:

遊佐未森


作曲:

遊佐未森


五月の庭ではだしになって
土の上に 立っていたら
光を吸い込んで からだごと
かるくなって 宙に浮かぶ
両手広げたら 空にとけてゆきたい

それから小さな粒になって
名もない花 草の中に
座って 新しい空気をつくりたいな

君とここでひとつになる
そんなこともできそうだね

ふるえる空から雨が降って
土の中に 連れ去られて
遠い国へ往く
地球を通り抜ける

君とそこでひとつになる
そんなこともできそうだね
目を閉じたら君が見える (光を たくさん からだに 吸い込んだら)
どんなことも大丈夫だね (それから 小さな 小さな 粒になって)
あふれる 想いは 大好きな 君のもとへ
あふれる 想いは 大好きな
君のもとへ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:だいじょうぶ 歌手:遊佐未森

遊佐未森の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-01
商品番号:ESCB-1334
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP