絶想

関智一

絶想

SAMURAI DEEPER KYO イメージソング

作詞:李醒獅
作曲:望月衛
発売日:2002/12/25
この曲の表示回数:10,896回

絶想
焼いた岩絵具で 描いた 鷲の爪が
色を変えはじめている わずかでも

己を責め立てれば
もの憂い風に煽られ
寒々しい虚しさに飼われてしまう

信じて 漣もたてずに
流れてきたこの生
比類なき輝きに あふれていた
誠が崩れていく音に
波立ち
残されているこの静寂が
無心に岫を離れそうな気配

石のように硬い 哀しみが透けてる
ここから見えるすべてが 嘆いてる

しなやかな踊り手は 幾面も面を手に
使いわけて 舞うのだが
もう舞えなくなる

静かに控えめな群雲
兆し始めている
胸深く 眠らせておいたのに
眼を射る狐雨に濡れた
今日最後の陽射しは
鷲の翼のしたのすべてを
肯なうというのか

静かに控えめな群雲
兆し始めている
胸深く 眠らせておいたのに
眼を射る狐雨に濡れた
今日最後の陽射しは
鷲の翼のしたのすべてを
肯なうというのか

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:PM 6:30

  1. すみれ色の涙

    伊藤咲子

  2. 花月夜

    中島ゆきこ

  3. LA BOHEME

    中森明菜

  4. 別離

    越路吹雪

  5. Stella

    浜田麻里

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成