絶想

この曲の表示回数 8,090
歌手:

関智一


作詞:

李醒獅


作曲:

望月衛


焼いた岩絵具で 描いた 鷲の爪が
色を変えはじめている わずかでも

己を責め立てれば
もの憂い風に煽られ
寒々しい虚しさに飼われてしまう

信じて 漣もたてずに
流れてきたこの生
比類なき輝きに あふれていた
誠が崩れていく音に
波立ち
残されているこの静寂が
無心に岫を離れそうな気配

石のように硬い 哀しみが透けてる
ここから見えるすべてが 嘆いてる

しなやかな踊り手は 幾面も面を手に
使いわけて 舞うのだが
もう舞えなくなる

静かに控えめな群雲
兆し始めている
胸深く 眠らせておいたのに
眼を射る狐雨に濡れた
今日最後の陽射しは
鷲の翼のしたのすべてを
肯なうというのか

静かに控えめな群雲
兆し始めている
胸深く 眠らせておいたのに
眼を射る狐雨に濡れた
今日最後の陽射しは
鷲の翼のしたのすべてを
肯なうというのか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:絶想 歌手:関智一

関智一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-25
商品番号:KICA-588
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP