千両役者

この曲の表示回数 4,458
歌手:

山本正之


作詞:

山本正之


作曲:

山本正之


百を払えばまた二百
火の粉舞い散る男の舞台
負けるものかと涙を呑めば
千両花咲く春も来る

やる気かたぎを叩かれて
握る拳を背中に隠す
今に見ておれ緞帳上がりゃ
千両抱えて見栄を切る

こんな真暗なうつつでも
心ひとつで虹さえかかる
きっと明日は笑ってやると
千両晩成腕を組む

五百叶えりゃまた五百
夢が舞い飛ぶ男の舞台
勝てば兜の標しも光る
千両役者のたたら踏み
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:千両役者 歌手:山本正之

山本正之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-08-28
商品番号:PICL-1128
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP