試聴する

無限大

この曲の表示回数 9,186
歌手:

can/goo


作詞:

TAPIKO


作曲:

POM


あの店の古びた扉 あの頃のままだったよ
いつもの顔ぶれにあなただけいなかったけど
無限大を信じていた落書きが懐かしい
隣に書き足すどんな言葉も思いつかなくて

ころげるように毎日をただ走っていた

始まりも終わりも意識したこと無かった
果てしない道が続いてると思ってた

雨が降れば傘をさして夏は薄着になるように
自然な心の流れのまま生きているかな

壊せない毎日を積み重ねてるだけ

あなたとの終わりも意識したこと無かった
ただ自分のことで精一杯だった
向って行く方向が見えていたあの日
手をつないで探したね冬の星座を

見てるよね どこかできっと…
こんなあたしを

始まりも終わりも意識したこと無かった
いつの日か終わっていた蒼い季節
自分のことを好きでいられたね
もう一度転ぶことを恐れずに走れるだろうか
真っ白になって
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:無限大 歌手:can/goo

can/gooの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-07-19
商品番号:DLCR-02071
MusicWeb RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP