試聴する

きみが翼をひろげるとき

この曲の表示回数 7,154
歌手:

工藤静香


作詞:

松井五郎


作曲:

後藤次利


なにか言いたい 瞳をしていたね
風吹く街
誰もみんな 少年だった
それがはじまり
さみしい夜や 冷たいことば
傷つくたび
ただぬくもり 信じたくて
石を投げたよ
ほんとの気持ちだけ
たいせつにしておこう
いつか いつか
大空 見上げたとき
それが きっと
翼になるはずさ
浅い夢を目覚めれば
明日がそこにある

愛されてると わからないまま
泣いてた日々
握りしめる 優しい手を
いつも探した
あふれる涙なら
まっすぐに見つめよう
いつか いつか
青空 ひろがるとき
それが きっと
翼になるはずさ
胸に響くときめきを
いつでも忘れない

できることを
ひとつずつ 少しずつでも…

いつか いつか
大空 見上げたとき
それが きっと
翼になるはずさ
遠い夢のその向こう
夜明けが見えてくる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:きみが翼をひろげるとき 歌手:工藤静香

工藤静香の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-04-01
商品番号:PCCA-00440
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP