サボテンの心

加藤登紀子

サボテンの心

作詞:辻仁成
作曲:辻仁成
編曲:告井延隆
発売日:2002/10/23
この曲の表示回数:6,469回

サボテンの心
砂漠の街で 生きてる僕達は
心に棘を生やしてる サボテンの心
身を守るために 生やした棘のせいで
大切な人達を 遠ざけてしまう
星が灯る空を見上げて サボテンは今日もひとり
冷たい月の光に包まれて 明日を待ち続けてる

砂漠のサボテン達よ 花を咲かせてごらん
きっと 誰かが きみに 声を掛けてくる

乾いた街で 僕は今日も生きている
引き抜かれないために棘を生やして
都会の真ん中で ポケットに手を入れて
狭い空を見上げてる サボテンの心
強くなればなるほどに 僕は一人に戻っていく
疑えば疑うほど 誰も愛することができない

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×