試聴する

夏が消えてゆく

この曲の表示回数 9,179
歌手:

稲垣潤一


作詞:

秋元康


作曲:

MAYUMI


夏が消えてゆく
はかないものだね
海岸沿いの海の家も
今は砂浜

君はもういない
愛は悲しいね
渋滞のない緩いカーブ
バスが曲がった

時の流れ
止められないと
知ってたのに
ずっとそばに いられるような
気がしてた

低い雨雲に
隠れて見えない
沈む夕陽は
通り過ぎた季節の背中

夏が消えてゆく
淋しいものだね
カフェの陽徐けのその微熱を
風が冷ますよ

君はもういない
愛は切ないね
僕の心に記憶だけが
打ち寄せている

永遠なんて
あきらめていた
2人なのに
最後のキス できないままで
泣いていた

カーレディオからは
台風のニュース
雨が降るまで
僕はここで 夏を見送ろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏が消えてゆく 歌手:稲垣潤一

稲垣潤一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-11
商品番号:UPCY-6469
UNIVERSAL J(P)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP