試聴する

うち、泣かへんわ

この曲の表示回数 5,955
歌手:

SHO-KEIKO


作詞:

朝比奈京子


作曲:

小田純平


博多料理の 小さな店で
住み込むことになりました
ママがひとりと うちひとり
なぜか母娘で通っています

泣かへんわ 泣かへんわ
世の中捨てたもんじゃない
泣かへんわ 泣かへんわ
あんたが渡った危ない橋の
袂(たもと)でずっと待ちわびて
涙 枯れても 泣かへんわ

うちの百倍 せつない過去を
ママは笑って話すから
いつか幸せ 来るような
そんな気持ちになれました

泣かへんわ 泣かへんわ
世の中捨てたもんじゃない
泣かへんわ 泣かへんわ
あんたが帰ってくるその日まで
何処にも 行かへん この街で
うちは 死んでも 泣かへんわ

泣かへんわ 泣かへんわ
世の中捨てたもんじゃない
泣かへんわ 泣かへんわ
あんたが 二度咲きするその日まで
明日という日を握りしめ
うちは 死んでも 泣かへんわ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:うち、泣かへんわ 歌手:SHO-KEIKO

SHO-KEIKOの新着情報

  • マリア / ♪我がまま気ままで音沙汰無しの

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP