誰かが君のドアを叩いている

佐野元春

誰かが君のドアを叩いている

作詞:佐野元春
作曲:佐野元春
発売日:1992/07/22
この曲の表示回数:18,866回

誰かが君のドアを叩いている
街角から街角に神がいる
清らかな瞳が燃えている
光のなかに
闇のなかに
誰かが君のドアを叩いている

賑やかな街路に手を広げて
みせかけのワルツをすり抜ける
光のなかに
闇のなかに
誰かが君のドアを叩いている

何かやりきれない気持ち 溢れて
君を悲しませるために
生まれてきたわけじゃない

賑やかな街路に手を広げて
でたらめな言葉を並べてる
光のなかに
闇のなかに
誰かが君のドアを叩いている

何かやるせない気持ち こぼれて
君を戸惑わせるために
生まれてきたわけじゃない

壊れた夢にせつなく抱かれて
地下鉄の出口をかけぬける
光のなかに
闇のなかに
誰かが君のドアを叩いている

太陽 溶けた空に高く
何もかもすべて焦がしておくれ
Sha la la la la...
Sha la la la la...

何かやりきれない気持ち こぼれて
君をさまよわせるために
生まれてきたわけじゃない

街角から街角に神がいる
清らかな瞳が燃えている
光のなかに
闇のなかに
誰かが君のドアを叩いている
誰かが君のドアを叩いている
誰かが君のドアを叩いている

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません