夏の沈黙

この曲の表示回数 5,536
歌手:

伊勢正三


作詞:

伊勢正三


作曲:

伊勢正三


まるで幼い少年のように
君の頬をそよぐ風になりたい

何も恐れず
雨上がりすぐに……
おろすような白い靴のままで

ふざけた 夏の沈黙
男と女の 七つの涙
傷つくことは かけひきじゃなく
流れて行く時のせい

都会の中の孤独なぼくらに
蝉の声が痛みすぎて分かる

白いシーツの
森を抜け出せば
君が僕と違う訳も分かる

起きぬけの君の あのあどけなさも
鏡に預けるように
二人の夏を 季節の風が
化粧して 恋も終わる

「旅行しよう…」って 君がつぶやく
も一度 二人の夢を捜しに
誰も知らない町を探しに
新しい恋を捜しに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の沈黙 歌手:伊勢正三

伊勢正三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-06-18
商品番号:FLCF-30206
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP