ヒロイン

この曲の表示回数 8,750
歌手:

The LOVE


作詞:

平義隆


作曲:

平義隆


雨上がりの駐車場
裸足で踊る子供の君を見てると
平凡すぎる自分を
また責めてしまうよ
さっきまで泣いていた
理由も言わずにはしゃいでいる少女
今そばにいるのは
僕じゃなくてもいいくせに

流されてく人の群れの中
踊り疲れては
何度もキスをした
恋人のように

誰かのものでも
かまわないと思った
愛されなくても
愛したいと思った 思った…

真夜中のスポットライト
ヒロインは眩く照らされて僕は
勇気づけられる
でも不意にうつむくのはなぜ?
人の悲しみは
きっと誰にも計れやしないけど
満たされてない君が
僕を不幸福にする

濡れたままのアスファルトに
こぼれては砕け散る
宝石の雨 もう君は降らさないで

誰かのものでも
かまわないと思った
愛されなくても
愛したいと思った 思った…

ヒロインのその淋しさを
僕に癒せないことが
あどけなさに触れるたびに
歯がゆいだけ
抱きしめても抱き合えても
つかめないものがあるなんて

誰かのものでも
かまわないと思った
愛されなくても
愛したいと思った
何も求めずに誰かを愛せるほど
僕は強くもないし大人にもなれない
本当はずっと言い出せずにいたんだ
君に愛されたい
君に愛されたい…
誰かのものでも…
愛されなくても…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ヒロイン 歌手:The LOVE

The LOVEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-03-04
商品番号:BVCR-800
RCAアリオラジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP