光る波

この曲の表示回数 3,727
歌手:

八重花桜梨(村井かずさ)


作詞:

渡邉美佳


作曲:

渡邉美佳


歩きすぎて 降りた川辺
かかとのある靴 脱いだの
深く息を 吸い込んだら
青い草の匂いがした

午後のひざし ふりつもる
あなたと居た 時間にも
こんなふうに 素直になれたなら

名のある花も 名のない草も
ゆらりゆられて 光る波になる
土に抱かれた 私の影も
ゆらりゆられて 光る波になる

せつないほど 閉じこめてた
すれ違う痛み 覚えて
しゃがみこんだ 足元には
生まれたての 息吹がある

まぶたにある 風景を
一人で今 焼きつける
強く深く 心が溶け出した

名のある花も 名のない草も
ゆらりゆられて 光る波になる
時は駆けてく この波さえも
めぐりめぐって 変わり始めてる

あなたの言葉からこぼれ落ちた
ひとつぶの優しさが胸に咲いた

名のある花も 名のない草も
ゆらりゆられて 光る波になる
空に抱かれた 風の気持ちを
ふわりふわりと あなたに届けて
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光る波 歌手:八重花桜梨(村井かずさ)

八重花桜梨(村井かずさ)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-10-04
商品番号:KMCM-2
コナミデジタルエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP