この曲の表示回数 400

軋む青いフェンスの錆を
かすめて沈む太陽の角度が
東空の隅に刺さる頃に君とさようなら

遠ざかる街並みの中に
薄くかかったソーダ色の歌が
第二宇宙速度で光る頃に君とさようなら

いつか僕が星になって
地上照らす日が来たら
アンドロメダの向こうには
きっとこの歌が響いて

玄関先の水たまり
飛び越えるみたいに君のこと
探しに行くから待っててよ
僕ら星になれたなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星 歌手:PK shampoo

PK shampooの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-07-01
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP