試聴する

日めくり

この曲の表示回数 5,787
歌手:

白鳥座


作詞:

たかひらゆたか


作曲:

たかひらゆたか


西陽がやさしく影を伸ばす
細い裏通り 学生通り
ふたりで見つけた狭い部屋の
窓ガラス 染め乍ら
春の陽は暮れた

昨日は昨日で 忘れてきた
“今日”それがすべてだった
泣きながらお互いの頬をぶった
信じていたから悲しかった

もしもあの時 少しだけでも
もしもあの時 お互いに譲り合えたら

唇をかみながら まとめた荷物を
今 故郷へ送り返した

煙草の焦げと 涙の染みが
ポツリ ポツリ 残る 畳を拭いた
あの人は今頃 また何処かで
飲んで 砕けて 梯子酒

明日は明日で暮らして来た
“生きる” それがすべてだった
日めくりを破いて 裏に書いた
“さよなら”の代わりに“愛してた”

もしもあの時 出て行く人の
もしもあの時 後姿にすがりつけたら

ドアの柱 日めくりを画鋲で止めて
今 故郷へ…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:日めくり 歌手:白鳥座

白鳥座の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-11-28
商品番号:32XF-18
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP