記念樹(メモリアル・トゥリー)

この曲の表示回数 7,793
歌手:

白鳥座


作詞:

さだまさし


作曲:

さだまさし


少し大人びた 午后の陽射しの中を
わざと背中 伸ばして
今 あなたの腕の中から
歩きはじめたところ

信号が変わる 人波が動きだす
足が震えて 恥ずかしい
ふと 掌を陽にかざせば
若葉が目に染みるわ

ONCE AND ONLY ONCE
AND FOR ONE ONLY
さよなら 最初で最后の恋
ONCE AND ONLY ONCE
AND FOR ONE ONLY
ただ一度 ただひとりのひとに

とても愛してた たぶん生まれる前から
あなたの事知ってた
だから出会えただけで とても
とてもしあわせだった

次に生まれても あなたを愛せる
記憶なんてなくても
あなたに出会っただけで必ず
あなたに気づいてみせる

ONCE AND ONLY ONCE
AND FOR ONE ONLY
さよなら 最初で最后の恋
ONCE AND ONLY ONCE
AND FOR ONE ONLY
ただ一度 ただひとりのひとに

ONCE AND ONLY ONCE
AND FOR ONE ONLY
さよなら 最初で最后の恋
ONCE AND ONLY ONCE
AND FOR ONE ONLY
ただ一度 ただひとりのひとに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:記念樹(メモリアル・トゥリー) 歌手:白鳥座

白鳥座の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-11-28
商品番号:32XF-18
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP