試聴する

翳りの封印

この曲の表示回数 9,800
歌手:

安倍泰明(石田彰)


作詞:

田久保真見


作曲:

伊藤真澄


風にはぐれた鳥は
鳴いて仲間へと帰る
声を持たない蝶は
告げる想いさえない

横顔に残る 翳りの封印 呪縛に似て

胸に微熱が宿った
それを心と呼ぶのか
壊れるまでは
おまえのそばにいる

どうして おまえは笑う
どうして おまえは泣いている
花をきれいと言った
散る為に咲く花を

瞳を閉じても おまえの姿が 何故消えない

胸に微熱が広がる
そして愛しさ知るのか
刹那(せつな)の中に
おまえをかくしたい

遙かなる刻(とき)へ 生命(いのち)の封印 おまえが解く

胸に光りを感じた
これが愛だというのか
壊れたくない
おまえのそばにいる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:翳りの封印 歌手:安倍泰明(石田彰)

安倍泰明(石田彰)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-08-03
商品番号:SVWC-7276
アニプレックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP