センチメンタル・ジャーニー

この曲の表示回数 43,899
歌手:

松本伊代


作詞:

湯川れい子


作曲:

筒美京平


読み捨てられる 雑誌のように
私のページが めくれるたびに
放り出されて しまうのかしら
それが知りたくて とても
あなたの瞳の奥に旅してく
わたしの
センチメンタル・ジャーニー
つぼみのままで
夢を見ていたい
影絵のように美しい
物語だけ見てたいわ
伊代はまだ 16だから
何かにさそわれて
あなたに さらわれて
センチメンタル・ジャーニー

見知らぬ国の 謎の湖
のぞき見たくなる 不思議な気持
自分でさえも 怖いほどなの
咲かせた恋なら ずっと
大事にしていて貰えるのかしら
判らない
センチメンタル・ジャーニー
扉の前で
ためらいながらも
背中をそっと押されたい
見ないふりして 許してね
伊代はまだ 16だから
何かにさそわれて
あなたに さらわれて
何かにさそわれて
あなたに さらわれて
センチメンタル・ジャーニー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:センチメンタル・ジャーニー 歌手:松本伊代

松本伊代の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-11-21
商品番号:VDR-1310
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP