試聴する

まぼろし

この曲の表示回数 2,206
歌手:

鈴木みのり


作詞:

饗庭純


作曲:

出羽良彰


未来の話をしようよ
君がうたう まぼろし
とてもよく晴れた朝のように眩しい

あたためながら
そっとつつんだ
指を開いてごらんよ
君がこれから見つけるものは
きっと君を待っているから

ただ白い雪が降り積もる 時間(とき)のように
足跡も埋め尽くして
ただ白い息が消えるまで 上を向いていた
泣きたいって言えなかった

見えないもの描くように
君をなぞる まぼろし
それはまだ咲かぬ花のようで儚い

一度壊れた時計の針は
ずっと進んでいたのね
振り返るのは今日で終わりにするから
もう一度
会いに来て
どこだっていい
迷わないように
ここにいると
君を閉じ込めた暗闇を照らす月になる

ただ白い雪が降りつもる 時間(とき)のように
サヨナラって溶けながら
まだ淡い夢だけが残る朝のように
もう少しって言いたかった

まっさらな道に足跡をつけながら
呼ばれたようにふと立ち止まって
ただ白い息が消えるまで 上を向いていた

どこかでまた出会える
だから泣かないって誓った
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:まぼろし 歌手:鈴木みのり

鈴木みのりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/12
商品番号:VTCL-35311
フライングドッグ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP