まぼろし

鈴木みのり

まぼろし

作詞:饗庭純
作曲:出羽良彰
発売日:2020/02/12
この曲の表示回数:8,737回

まぼろし
未来の話をしようよ
君がうたう まぼろし
とてもよく晴れた朝のように眩しい

あたためながら
そっとつつんだ
指を開いてごらんよ
君がこれから見つけるものは
きっと君を待っているから

ただ白い雪が降り積もる 時間(とき)のように
足跡も埋め尽くして
ただ白い息が消えるまで 上を向いていた
泣きたいって言えなかった

見えないもの描くように
君をなぞる まぼろし
それはまだ咲かぬ花のようで儚い

一度壊れた時計の針は
ずっと進んでいたのね
振り返るのは今日で終わりにするから
もう一度
会いに来て
どこだっていい
迷わないように
ここにいると
君を閉じ込めた暗闇を照らす月になる

ただ白い雪が降りつもる 時間(とき)のように
サヨナラって溶けながら
まだ淡い夢だけが残る朝のように
もう少しって言いたかった

まっさらな道に足跡をつけながら
呼ばれたようにふと立ち止まって
ただ白い息が消えるまで 上を向いていた

どこかでまた出会える
だから泣かないって誓った

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム