試聴する

枯木灘 残照

この曲の表示回数 13,303
歌手:

都はるみ


作詞:

道浦母都子


作曲:

弦哲也


両手(もろて)にて君が冷えたる頤(おとがい)を
包みていしは冬の夕駅
君に妻われに夫(つま)ある現世(うつしよ)は
姫浜木綿(ひめはまゆう)の戦(そよ)ぐ明かるさ
歳月(とき)はながれて 歳月はながれて いまひとり
あゝ残照の枯木灘
ひたすらにあなたのもとに翔けてゆく
煌きつづけよ光の凪よ

取り落とし床に割れたる鶏卵を
拭きつつなぜか湧く涙あり
乳房(ちちふさ)の尖(さき)に点(とも)れる螢火(ほたるび)の
ほとほと紅(あか)しほとほとやわし
夢に疲れて 夢に疲れて 立ちつくす
あゝ残照の枯木灘
子午線を越えて吹き来る潮騒よ
夜のしじまにこの身も攫(さら)え
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:枯木灘 残照 歌手:都はるみ

都はるみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/09/07
商品番号:COCA-15793
コロムビアミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP