青春ノート

この曲の表示回数 8,525
歌手:

アリス


作詞:

なかにし礼


作曲:

都倉俊一


ベージュ色の落葉を 一つ二つ並べながら
ぼくは君の名前を 朝の舗道に書いた
鳩にえさをあげてる そんな君のスケッチした
ぼくのノートブックは 今も書きかけのまま
青春に傷ついて
季節は流れすぎて
君のいないこの胸を風が吹きぬける
人はみんな誰でも 生きるために苦しむもの
だから君の愛を 大切にしたかった

雨や風でペンキの色もはげたベンチだけど
今日も腰をおろして 君をしのんでいるよ
並木道の銀杏(いちょう)も 指を折って数えられる
君とぼくの季節は 二度と帰って来ない
青春に傷ついて
季節は流れすぎて
君はどこの街角で枯葉を見てるの
恋はガラスみたいにこわれやすくはかないもの
だから君の愛を 大切にしたかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春ノート 歌手:アリス

アリスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-03-28
商品番号:TOCT-10253
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP