平尾台の四季

この曲の表示回数 883

春浅き
すすきの枯野を
ひた走る瞭原の野火燃えさかり
そっと顔出す つくしんぼ つくしんぼ
春は近しと石の羊よ

夏の草原
緑は深くいく重にも
周防の潮かぜ雲に乗り
運ばれてきた涼風に 涼風に
暑さをしのぐ石の羊よ

秋深く
銀色のすすきの穂は
ゆれゆれて ゆれゆれて
かぼそくなった虫の声 虫の声
子守唄にきく石の羊よ

冬花火 ドンドンドドンと
雪の台地を染めつくす 染めつくす
音と光の競演に 競演に
拍手を贈る石の羊よ 石の羊よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:平尾台の四季 歌手:冨永裕輔

冨永裕輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-11-09

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP