これからのうた

この曲の表示回数 5,070
歌手:

JETTER3


作詞:

ATSUSHI


作曲:

ATSUSHI


空回りした水たまりには
恥ずかしい程笑顔が似合う
空騒ぎする暇もないほど
君の笑顔だけ映していたい

たとえ泣いてても

笑ってふざけた蜜蜂の巣に
1つ想いを乗せてみれば
きまって歪んだ記憶の中で
君と月を見ている

冬の終わりに花が咲くのも
寝起きのようなクマのあくびも
再び起こる奇跡のような
道に佇む君との世界

たとえ泣いてても

笑ってふざけた蜜蜂の巣に
1つ想いを乗せてみれば
きまって歪んだ記憶の中で
君と月を見ている

笑ってふざけた蜜蜂の巣に
1つ想いを乗せてみれば
きまって歪んだ記憶の中で
君と月を
笑ってふざけた蜜蜂の巣で
君と月を見ている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:これからのうた 歌手:JETTER3

JETTER3の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001/12/12
商品番号:IOCD-11003
ADI受託その他メーカー

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP