試聴する

Summer Swing

この曲の表示回数 851
歌手:

藤巻亮太


作詞:

藤巻亮太


作曲:

藤巻亮太


あの日溶けだしたアイスクリーム
君と僕は笑い話でもしてたんだろう
思えばセミも鳴きやんだ
夏の終わりの片隅で
青い海は静まり返って
まるで僕らは夢でも見ていたんだろう

言葉にならずに見つめ合っていたね
言えなかった“好きだよ”が
波のしじまに溶けた
大人になれずにあの日の海辺を
坊皇っている僕がいる
涙の味の海の彼方

思い出が美しいなんて
まるで馬鹿げた蜃気楼

僕らの影も足跡も全部
あの波間から消えてしまっても胸の中よみがえる

言葉にできずに海を見ていたね
言えなかった“I love you”は
僕を強くさせたけど
大人になんてなりたくなかった
あの日君と海を泳いだ
クラゲでいさせてくれ
言葉にならずに消えていった想いよ
またどこかで顔をだして
僕を揺さぶってくれよ

子どものように
子どものように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Summer Swing 歌手:藤巻亮太

藤巻亮太の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-09-11
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP