試聴する

春の嵐

この曲の表示回数 6,084
歌手:

藤巻亮太


作詞:

藤巻亮太


作曲:

藤巻亮太


春の日だまりを君と歩いてた
どこか遠い夢の中を

校庭の桜 始まりの鐘は
朝日の向こうで途切れた

白いカイトに乗って二人は別の未来の中

降る雪のように 咲く花のように
出会いと別れが季節を編むよ
明かりを灯そう 心の中に
今 春の嵐で消えそうな火を

積み木のオモチャをわざと崩すような
そんな明日を求めてた

ペンキを塗り重ねて二人は別のドアをくぐる

打つ波のように 散る葉のように
カタチあるものが星へと還る
色褪せたはずの胸の痛みが
なぜ春の嵐で疼くのでしょう

一番最初の絵の具で描いた絵を思い出すように

明かりを灯そう 心の中に
醜い果実も 病んだ蕾も
咲いて美しい 散って狂おしい
今 春の嵐で消えそうな火を
今 僕らの胸に宿る光で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の嵐 歌手:藤巻亮太

藤巻亮太の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-13
商品番号:VICL-64444
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP