Tiny Bird

この曲の表示回数 285
歌手:

GLIM SPANKY


作詞:

松尾レミ


作曲:

松尾レミ


伸びた前髪を少し切った 新しい日
響くことなかったあの歌が 突き刺さった

始まりの風景は
痛い程 澄んでいる

どこかへ渡る小さな鳥みたいに
震える僕を抱いて 世界よ
見慣れた部屋をでるときがきた
一つだけ 履き込んだ靴を履いてこう

古いあのギターも手放して旅立つんだ
これからの風景は 煌めきに満ちている

異国へ渡る小さな鳥みたいに
身軽に風に乗っていたいよ
溢れた荷物捨てて見上げた
突き抜ける青空を忘れないだろう

真面目に働く平凡なこの暮らしにさよなら
読めない明日の方が命は喜ぶよ

真夏に揺れた小さな恋みたいに
名も無い僕を撫でて 世界よ
着慣れた服を脱ぎ何を着よう
今はまだ何でもない

どこかへ渡る小さな鳥みたいに
震えて進め どんな世界も
見慣れた街を捨てて行かなきゃ
この不安 消す程の 光の方へと

どこかへ渡る小さな鳥みたいに
震える僕を抱いて 世界よ
変わっていくこと大切なこと
住み慣れた街を捨て
今までにキスをして
進みたいのさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Tiny Bird 歌手:GLIM SPANKY

GLIM SPANKYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-07-07

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP