松尾レミ作曲の歌詞一覧リスト  42曲中 1-42曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
42曲中 1-42曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
It's A Sunny Day 新曲GLIM SPANKY 新曲GLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ亀本寛貴手招きをしている様な 芝生に腰を下ろして ぼーっと眺めてた 遠くに見えるのは羊の群れ 一瞬が永遠に感じるあたたかな日 何にも考えないで まどろんでいさせて  神様今だけは 悲しみも悩みも全て隠して 眩しい太陽で包んでいて 穏やかなサニーデイ  四つ葉を探してみよう 芝生から立ち上がって ミツバチは歌う 遠くで騒ぐのは子供の声 一瞬が永遠に感じるうららかな日 このまま晴れの匂いに まどろんでいさせて  神様今だけは 悲しみも悩みも全て隠して 眩しい太陽で包んでいて 穏やかなサニーデイ  神様今だけは 世界中 全ての雲を無くして 優しい太陽で包んでいて 晴れ渡るサニーデイ  穏やかなサニーデイ
Sugar/Plum/Fairy 新曲GLIM SPANKY 新曲GLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ亀本寛貴この時間からやっている カフェはもう混み合っている 気取っているレトリバーが住む コーヒーならブラックで ベーコンは小さく切って 外に白い自転車が行く  現実はどうも疲れちゃう そう言うけど なる様になるって きっと全てはとても簡単さ 簡単さ  点と線をつないでいく 砂糖菓子の海を泳いでく そんなかんじ 僕らいつも 食べかけマフィンを 腐らせないで!  Sugar/Plum/Fairy  眠い目をこすりながら 放し飼いの猫を抱っこ 見たい映画 見尽くしちゃった ミルクに蜂蜜溶かして 目玉焼きはふたつ割って 外はやけに陽射しが強い  現実はいつもわからない そうでしょう なる様になるって きっと全てはとても簡単さ  点と線をつないでいく コーンフレークの山登ってく そんなかんじ 気楽にいこう 食べかけマフィンを 腐らせないで!  Sugar/Plum/Fairy
形ないものGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミどんな明日もいい日になるさ 悲しみも抱いて歩いていけたら  どんな季節も気付けば過ぎて 尊さはやっと後でわかる  好きな場所がまた一つ 壊されてくけど 忘れない あのライトが僕ら照らしていたこと  海岸へ駆け出した 春の予感がしてる 見慣れた道もなんだか綺麗で 君のこと思い出した 新たな街で こんな心地いい夜は どうしてるのかなって  きっと僕にもいつかわかるさ 寂しさを超えた先に何がある  なんで自分で魔法を解いて 大人になろうとする 空を飛べなくなるのはやだ  階段を登っていく 春の予感の中で 潮騒の音に耳を澄ませば 君のこと思っていた あの頃の様に いつかまた同じ夜を 分かち合えたらって  通る車が鳴らしたクラクション 生意気に闇を割いていく 波の声も掻き消して  今日がもう少しで終わる そっと春に抱かれて泣いていた 君の癖を忘れたよ そんな風に僕らは 変わっていくんだろうな  そして明日もいい日になるさ 悲しみも抱いて歩いていけたら  海岸へ駆け出した 春の予感がしてる 見慣れた道もなんだか綺麗で 君のこと思い出した 新たな街で こんな心地良い夜に 僕はただ  階段を登っていく 春の予感の中で 初めて歩く道を行こう 平凡な特別を抱きしめていたいよ ずっと壊されない様な 形ないものを
CANDY MOON野宮真貴野宮真貴松尾レミ松尾レミママのくれたスカーフを巻いて 街へ繰り出すの ワンピースに隠れて光る 真っ赤なネイルは お守りよ  彼は電話に出ないし 気にするのも疲れたわ しまい込んだ裸の心 今夜は誰にも縛れないの  Uh どこかで聞こえる 電車のリズムに合わせ ヒール鳴らし喫茶店まで 私を守って 甘い CANDY MOON  お気に入りのベレー帽かぶり 街へ繰り出すの チョコレートの香りにつられ 真っ赤なテラスは賑やかね  彼が仕事終わる頃 伝言が入ってたわ 久しぶりにあなたと会える 今夜はおめかしして行こうよ  Uh どこかで見かけた 映画のワンシーン真似て 待ち合わせの喫茶店まで 私を照らして 甘い CANDY MOON  坂の途中 ダーシェンカみたいな犬は誇らしげな顔 活気付く今日は月曜日  Uh どこかで聞こえる 電車のリズムに合わせ ヒール鳴らし喫茶店まで  本当はいつでもあなたに愛されたいの もう少しで喫茶店だわ 二人を溶かして 甘い CANDY MOON  優しい CANDY MOON
風は呼んでいるGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ窓を開けて吸った透明な朝が眩しい 真っ白く部屋に降り注いだ光が パールの様だわ  いつからか綺麗なものも見ようとせず カーテンも閉めていたけど 空の匂いに目を覚ましたわ こんな今日をずっと待ってたの  古い地図は信じない どんな偉い人の言葉より 触れるもの信じたい どんな栄光があった過去より 追い越してく風に憧れる  奇跡はいつだって身近に散らばってるのね 見渡せば雲が落としてった涙が ダイヤの様だわ  意味もなく存在しない敵に怯え 安全な場所に居たけど 埃被った心叩いて もっと今日を噛みしめてたいの  古い地図は信じない どんな美化された歴史さえも 追い越してく風に憧れる  考えているだけじゃまるで 眠っているのと同じだ 埃被った靴を磨けば もっと今日は遠くへ行けるさ  行き止まりは信じない どんな評論家の言葉より 私だけが知ってるの どんな壁を超えてゆけるのか  古い地図は信じない どんな偉い人の言葉より 響くものを探したい どんな出会いが待っているのか これから辿り着く居場所で 追い越してく風は呼んでいる
AM06:30GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ寒さに起こされた 白い日の朝です 隣の庭の野菜の真上に UFOが飛び交う  甘える顔がのぞく扉 眠気まなこにミルクを注ぐ  読みたい本は階段にあるのにどうも立てずに 事件はどうだいとテレビをだらけてみつめてる  汚れた雑誌のコーヒー痕に日が差した  あぁ 朝のにおいが ゆっくり漂ってくるので 今日も7時のチャイムで 始まる  始まる
Up To MeGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ童話のお姫様みたいに塔に籠って 独り救い手を待っていた 時は経ってわたしはふと気付いた 何もしてないくせに 期待してばっかりだって  もう奇跡に頼らないわ 白馬の王子なんて何も与えてくれないよ もう奇跡に頼らないわ どうなりたいかって 自分変えるのは自分だった Oh  海の底に沈んでいた銀貨みたいに 光射し込むまで眠った 砂に埋もれて  わたしはふと思った ここに好きでいるのか ここで錆びるのは嫌って  もう奇跡に頼らないわ どんな財宝だって見つからないと幻だ もう奇跡に頼らないわ さあ上に行こうって足を進めるのは自分だ Oh  もう奇跡に頼らないわ どんな祈りだって時間を止めてくれないよ ああ 奇跡に頼らないわ もう遅いよなんて たとえ誰かが言っても 自分変えていくのは自分だ
若葉の時GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミそっと手を引く母の様に穏やかな午後は 明け放つ窓から覗く 真っ白い飛行機雲 丘の上 稲は揺れている ああ いつの間に五月でした  そっと川辺に指を通し目が冴える初夏は 街に出て誰かと話そう さあ あの店で花を買って  みんなは言うよ 知りもしないで きっと昔の方が素晴らしいと どうしてちゃんと今を見ないの こんな鮮やかに陽が射しているのに  過去にすがらないで 時間は常に生まれ変わる 私たちも いつまでだって若葉の時を生きているのよ  みんなは言うよ 孤独を知って どんな昨日より今日が素晴らしいと 安心したいの 撫でられたいの こんな時代だけれど大丈夫と信じたいの  過去にすがらないで 時間は常に生まれ変わる 私たちも  風がそよいだ 遠くで鳴った鐘の音が 坂を下って届く ひまわりはつぼみを抱いてる 思い切り息を吸って歩く 若葉の時を歌うの ラララ
Tiny BirdGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ伸びた前髪を少し切った 新しい日 響くことなかったあの歌が 突き刺さった  始まりの風景は 痛い程 澄んでいる  どこかへ渡る小さな鳥みたいに 震える僕を抱いて 世界よ 見慣れた部屋を出るときがきた 一つだけ 履き込んだ靴を履いてこう  古いあのギターも手放して旅立つんだ これからの風景は 煌めきに満ちている  異国へ渡る小さな鳥みたいに 身軽に風に乗っていたいよ 溢れた荷物捨てて見上げた 突き抜ける青空を忘れないだろう  真面目に働く平凡なこの暮らしにさよなら 読めない明日の方が 命は喜ぶよ  真夏に揺れた小さな恋みたいに 名も無い僕を撫でて 世界よ 着慣れた服を脱ぎ何を着よう 今はまだ何でもない  どこかへ渡る小さな鳥みたいに 震えて進め どんな世界も 見慣れた街を捨てて行かなきゃ この不安消す程の 光の方へと  どこかへ渡る小さな鳥みたいに 震える僕を抱いて 世界よ 変わっていくこと大切なこと 住み慣れた街を捨て 今までにキスをして 進みたいのさ
Hello SunshineGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ羽の音 新聞と共に いま届く気配 あの人が絞るオレンジ 香ってくる夢際  サンライズ しんとした屋根 サンシャイン 降り注ぐ 朝焼けが恋するように 混ざり合い変わってく  丘の上 瞬いた星は皆眠る時間 草花は涙浮かべて 少しの別れを告げる  サンライズ 濡れた頬 すぐ サンシャイン 乾かして 起き抜けの風がそよいで 鮮やかに化粧する  サンライズ この街に さあ サンシャイン やって来る  サンライズ しんとした屋根 サンシャイン 降り注ぐ 空がほら 僕らみたいに 恋をして変わってく  恋をして変わってく
Looking For The MagicGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミそれはまるで 蒼く澄んだ風に似ていた 私たちは手を繋いでどこへも行ける  裸足で大地を蹴った 果てのない心で 今さえ続けばいいと そんな気がする午後  渇く道は広く遠く どこまで続く 私たちは夢を抱いて ここまで来たの  列車が砂を纏って追い越して行くけど 今だけ腰を下ろして この景色になりたい  思わず歌を唄って スカートも踊るよ 花輪をかぶり笑った あのムービーみたいに  あなたの睫毛の奥で 浮かんでる涙に 映った揺れる世界は 蜃気楼みたいね  必死で何を探して この場所へ着いたの わたしは諦めないわ  胸の底 刻むわ
The FlowersGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ僕らが歩んでいるこの日常は まるで自分だけの映画さ この手で選んでいく全てのものが 日々を輝かせてくれる  気怠い午後の海原や あの人の香りが染み込んだワンピースや 彼女の腕に刻まれた消えかけた花束も なんだってドラマチックだったのさ  ゆっくり流れていく 次の話も何も決まってない映画は あなたが描いているその理想図で 未来を作っていいんだよ  排気ガスで霞む道でも 愛は芽吹いて根を張ってる 老いた花売りが歌っているよ 「どんな人も 胸に花を」と  誰も来ない店の中 焼き上がりのパンを並ベてる可愛い子に 歯切れの悪いFMが母親の好きだったドノヴァンを歌い出し 気を惹いてる  果てなく進んでいくこの瞬間は まるで終わりのない映画さ 自ら掴んでいく全てのものが 過去を新しくしていくよ  僕らが歩んでいるこの日常は まるで自分だけの映画さ この手で選んでいく全てのものが 日々を輝かせてくれる
BIZARRE CARNIVALGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ代理人のピクシー チケットを売って ダイヤモンドの坂 下って来る 騒ぎを聞いた吸血の紳士 喉を鳴らして窓から飛ぶ  ディンドン鐘叩き やってくる道化のカーニバル! ついてゆけ  「大好評だ、ピクシー。チケットはどうだい?」 団長様遠く話しかける シガレット煙り 泣きじゃくるバンシー なんでもありの見世物小屋  ディンドン鐘鳴らし 丘をゆく道化のカーニバル! ついてゆけ
The TripGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミとても些細な数分でも 目を閉じて旅に出りゃいい それは車もスーツケースもいらないさ 感じるだけ  瞼の裏に黄金のハートが浮かぶ それの横でニールが歌ってくれる  とても些細な数分でも 目を閉じて旅に出りゃいい  頭の上に 鮮やかなボートが浮かぶ それの中でルーシー 笑って消える  瞼の裏に黄金のハートが浮かぶ それの横でニールが歌ってくれる それの横でニールが歌ってくれる
Velvet TheaterGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ序章は曇った空が似合うのさ 飛んではしゃいでる真っ赤な亡霊 瓦礫はサイレン飲み込み そっと砂の城を壊す  彼女とライトが消えるまで踊ろう 最初から唄ってる夜 歪なマーチが消えるまで踊ろう 最初から笑ってる夜  街の灯りに 開くシアター 最終バスは路面で朝まで眠る どうなったっていいや もうどうなったっていいやと 静かな海だけ眺めている  ウィスキーのグラス 左目に当てて 重ねて見える ヴェルヴェットシアター 影は動いてカーテンを揺らし 嫌いな女を包む そうさ じっとアルコールランプ片手に 月に泣く  ウィスキーのグラス 左目に当てて 重ねて見える ヴェルヴェットシアター 影は動いてカーテンを揺らし 嫌いな女を包む そうさ じっとアルコールランプ片手に 月に泣く
白昼夢GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミグラスの中 陽射し浴びて 泡光れば 魚たちが嬉しそうに泳ぎ キスする  何もない午後はいつも 幸せで眠たくなるから  いつの間にか白昼夢の中 くるり回る甘い雲の上 目覚めるまで  風見鶏が高い声で歌うたえば 蝶の群れは羽を広げ波に乗るの  まるで御伽の様だわ どこまでも不思議な世界へ  気が付いたら白昼夢の中 きらり落ちた星を食べ歩く ステップ踏んで  いつの間にか白昼夢の中 くるり回る甘い雲の上 目覚めるまで
怒りをくれよ山口勝平山口勝平いしわたり淳治・松尾レミ松尾レミ鈍感なふりして あげるからほら調子に乗れ 最低なセリフで もっと怒りに火を点けてくれ  限界のピンチを 本気で感じて初めて 本能が震えて 新しい自分が目覚めるんだ  お前なら 分かるはずだろ そんなんじゃあ まだまだ 売られた喧嘩安すぎるぜ  怒りをもっとくれ 本気になりたいんだ まだ 全然足んねえな 怒らせてくれよ 馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ 試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ  関係ない顔した ことなかれ主義の腑抜けが 陰でニヤニヤ 人のこと何を笑ってるんだ? お前らさ 笑われるのは 湿った心は 最悪の燃えないゴミだぜ  怒りをもっとくれ 理性なら邪魔なんだ 限界越えた先にしか欲しい物はないから 目が眩むほどの 火花飛び散らして なあ 全身全霊で ぶつかろうぜ 輝くために  問題ばっかの世界 答えはどこにもないから 困難があるほど 楽しめたもん勝ちなんだぜ  怒りをもっとくれ 本気になりたいんだ まだ 全然足んねえな 怒らせてくれよ 怒りをもっとくれ 理性なら邪魔なんだ 限界越えた先にしか欲しい物はないから 馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ 試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ
美しい棘GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ十字架の見える窓で 風が遊ぶ度プリーツを揺らすよ 誰も邪魔をしないで わたし今が全てだから 儚く綺麗な時 大人には解んないでしょう  棘に刺さりながら 少女は今 深い傷を増やして喜びを知っていく 今までとなりに居たあなたから手を離せば最後 もう知らぬ人  教室を抜け出して見上げた空は どんな青よりも鮮やかで 何にも知らずに笑える二人 春の夢のようね あなたと一緒だからわたしも生きてゆける  季節を駆け抜けゆく 少女はただ 香る草の匂いも忘れたくはなかった いつかはこんな事を思い出す時が来るのかなって語りあっている  若さがいつか消える事解ってる 言われなくとも私たち馬鹿じゃない だけど血を流しても噛み締められないのは ああ憎いもんだわ 本当知りたいだけなのに  痛みを隠しながら 少女は今 傷を治せる愛を少しずつ知っていく  じゃあまた明日ねって言えること それだけでほら全部 暖かいこと  棘に刺さりながら 少女は今 深い傷を増やして喜びを知っていく 今までとなりに居たあなたから手を離せば最後 そう魔法の様で ふと気付けば最後 もう知らぬ人
お月様の歌GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ明かりを消して 窓を開けたら ぽっかりと世を照らす 愛しい彼の顔  夜更かしをした 小鳥は気付く やわらかな子守歌 愛しい彼の声  星はおしゃべりをしては瞬き 夜がゆっくり部屋を染める  今日もあなたの 光を浴びて 美しい夢を見る 愛しい彼の中 愛しい彼の中
grand portGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ静かに暮らした名の無い絵描きがいた 彼は窓辺で海を眺めては憧れ抱いてる  筆に宿った願いをただ描いた 彼は汚い国と 人に会うのが怖かったんだ  港では楽隊の賑やかなパレードが 臆病な彼の絵は家も出ず眠ってる  船が今出るよ 乗りたい客乗せてゆけ 海原越え未知の場所 これを逃したらまた明日  彼は知っていた 憧れ叶えたけりゃまずは外に出ること 決して簡単に叶わないこと  何がここまで描き続けさせるの 海に思いを馳せて 気付けば歳を取ってたんだ  港にはたくさんの夢を積むコンテナが 不安から逃げてきた虚しさが込み上げた  家を今出るよ 大きな背に乗せてくれ やっとここからスタートだよ 今を逃したらまた明日  船が今出るよ 乗りたい客乗せてゆけ 海原越え未知の場所 これを逃したらまた明日
NIGHT LAN DOTGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ三角の月が昇る頃に 古いトランペット響いた僕のポケットの中 どうやってここに辿り着くか誰も知らない 解らない方が美しいのさ いい子は目配せ闇の向こうへ行く 誰にも見透かせない場所だ  荒れ地の彼方は真昼のような温度で 散ったスパーク 星の焦げた匂いがする ロケットは破ってく 砂漠の民は見つける 散ったスパーク 星の焦げたにおいがする 夜更けに  死んだ町から電波が飛ぶよ さあ今 ゲルマニウムの屋根を渡り バンドネオン豹と踊ろう 死んだ町から電波が飛ぶよ サリヴァンが手を振ったら 屋根の上のバンドネオン豹奏でる月夜  誰にも見えない場所では 幻は消えないの 砂を被って走る娘 更紗揺らして 追いかける町のネオンは瞬く様に消えるだけ  よく聴いて欲しい 僕の唄ってる歌もそう そっと消えていってしまう 幻と同じ音楽  荒れ地の彼方は真昼のような温度で 散ったスパーク 星の焦げた匂いがする ロケットが破っていく 砂漠の民が見つけて 散ったスパーク 星の焦げた匂いがする 夜更けに  死んだ町から電波が飛ぶよ さあ今 ゲルマニウムの屋根を渡り バンドネオン豹と踊ろう 死んだ町から電波が飛ぶよ サリヴァンが手を振ったら 屋根の上のバンドネオン豹奏でる月夜
風に唄えばGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミいつだって僕らは自由だから 風に唄えば良いのさ口ずさんでいこう ラララ  こんなに空が晴れだって言うのに 部屋にこもってるんじゃ 勿体ない気がしたんです 何にも持たず飛び出してしまった のどかな草原越えて 知らない場所へと  綺麗な歩道なんてなくていいんだ かき分け進むものいいでしょう  いつだって僕らは自由なのさ 風が吹き付けようとも笑っていこう いつだって僕らは自由だから 風に唄えば良いのさ口ずさんでいこう ラララ  思い通りいかない方が 毎日飽きずに楽しいもんでしょう 決まったルールに沿って生きているんじゃ 何も学べない だからはみ出していたい  いつだって僕らは自由なのさ 雨に濡れる事なんて気にしないで いつだって僕らは自由だから 雨に唄えば良いのさ口ずさんでいこう  いつだって僕らは自由なのさ 風が吹き付けようとも笑っていこう いつだって僕らは自由だから 風に唄えば良いのさ口ずさんでいこう 口ずさんでいこう ラララ
闇に目を凝らせばGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ夜景画の山肌に月が顔出して 僕は真夜中へと旅に出たのさ  ガス燈へと群がる虫たち 自ら命を燃やしに集うよ  闇に 目を凝らせば見えてきたんだ ジオラマの様に 張りぼての孤独ならば 自分の意思で壊していく  海辺の雲間から月が差し込めば 秘密の入り江には 星が落ちるよ  一人きりを 演じてしまうけど 君が差し伸べる手 本当は気づいてる  たおやかな光が闇切り裂いて 先を照らしだす いくつもの選択肢が ここに 来いと誘っている  闇に 目を凝らせば たおやかな光が
時代のヒーローGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ何か仕出かしたい 動かしたい  ねえ君も思うでしょう しかし誰も彼も どうかしてるぜ 様子伺うだけ 腐った歌が流れてる つまらん社会笑わせたい 上手に騙し ひっくり返そう全部  僕は時代のヒーロー どこへもひとっ飛び 夢見る馬鹿で居よう 雲を掴みにいこう 誰だって保証は無い ならば刺激ある将来を 切り開いて変えてやる あとに続けよ  何か嘆く前に 動けばいい ねえそういうもんでしょう 影で言うだけなら どうかしてるぜ 本当は怖いのかい 腐った奴が嫉妬する そんな奴ほど笑わせたい 上手に話せないだけで同志なんだろう  君も時代のヒーロー 成り切りひとっ飛び 夢見る馬鹿で良いよ 敵も引き連れて行こう 皆じっと待ってる もっと刺激ある毎日を 切り開いて見せてくれ あとに続くよ  僕は時代のヒーロー どこへもひとっ飛び 夢見る馬鹿で居よう 雲を掴みにいこう 誰だって保証は無い ならば刺激ある将来を 切り開いて変えてやる あとに続けよ
話をしようGOLD LYLICGLIM SPANKYGOLD LYLICGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ愛はどこにだって美しく宿るよ 時には探そう 忘れるのが人だから 君はどこでいつ 誰想って祈るの 知らなくてもいい このまま話していたいよ  なぜ本気で伝えたいと願うことほど届かないのさ  声無き声に勇気を 口に出せる勇気を ただ思ってるだけじゃ何も無いことと同じさ ほら 気取る言葉並べないで 大袈裟なくらいの言葉にしよう  虹はどこにだって美しく登るよ 道路に顔出す名の無い花も同じさ 君はどこでいつ誰想って泣くのかい 雨降り生まれる小さな奇跡見つけにいこう  人を前にして強がって 隠すままでは届かないなら  声無き声に勇気を 繋がり合う勇気を ただ思ってるだけじゃ未来は何も変わらないから 気取る心じゃ伝わんない 言葉を超えて 話をしよう  声無き声に勇気を 口に出せる勇気を ただ思ってるだけじゃ 何も無いことと同じさ ほら 気取る言葉並べないで 大袈裟なくらいの言葉にしよう ねぇ話をしよう
太陽を目指せGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ辛い冬が過ぎて 暖かい春が来るまで 痛みに気付かぬフリして 薪をくべ一人で耐えてる 雪が頬を叩いて 凍えそうになるけど ちっぽけなことで靡かぬ 強い人でありたいのさ  太陽を目指せ 測り知れない熱に胸を焦がして 太陽の先を目指せよ 今まっすぐ進むだけ  空が今もどこかで 泣いたり頬染めてること 僕らは気付けぬ生き物 全て分かっている太陽 夜の帳降りたら 野生の群れも眠るよ ささやかな命見守る 月さえ光らすのは誰  太陽を目指せ 誰も知らない近道を探して 太陽の先を目指せよ 切り開いて進むだけ  太陽がやがて 春を引き連れ雪を今溶かしていく どんな星よりも大きく眩しく照らしてる 太陽を目指せ 測り知れない熱に胸を焦がして 太陽の先を目指せよ 今まっすく進むだけ 転ぼうが怪我しようが ただ必死に進むだけ
夜明けのフォークGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ綺麗な顔に光っていた あの子の涙 帰り道に歌いあった あのメロディはまばらだったな 悲しみは隠してたださよならを決めたこと きっといつか出会える時まで 忘れないでいて 古びた本とLPをトランクに閉まって 新たな自分に会うためここを出て行く また次の場所へ  消えそうな心にも必ずまた陽は昇って 何回だって朝をくれる 悲しみ濁す為 退屈な夜を越えて 明日へ生きていこう  肌寒い夜風の中で 響くよフォークの歌 上がっていく 口ずさんだ空気の中に 僕の記憶が混じる  消えてった時間ほど 綺麗に過去を飾って だけど思い出よりも 今を更新したいのさ  消えそうな心にも必ずまた陽は昇って 何回だって朝をくれる 悲しみ濁す為 退屈な夜を越えて 明日へ生きていこう
夜が明けたらGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミやっと見つけた愛だって偽物だらけな時代でほら 分かってるふり 誤魔化し合うばかりで手に出来る訳もないのさ  そっと浅い眠りにつこう そして覚めたら知らない場所にいこう 明後日の風はどこ吹くでしょう 足跡さえ消してしまうなら  愛に守られていたい ずっと夢を見ていたい 本当を信じていたいこの朝のように 明けてく空に胸打つ様な 気持ちを死ぬまで感じていたいのさ  僕等が出会った訳を探して どこまでゆこうか 毎回そう 新しい始まりは知らずに来るのさ 閉じた心 静かに明けてゆく  そっと浅い眠りにつこう そして覚めたら知らない場所にいこう 歩いている道が間違いでも 導かれていつか着けるから  愛に守られていたい ずっと夢を見ていたい 本当を信じていたいこの朝のように 明けてく空に胸打つ様な 気持ちを死ぬまで感じていたいのさ  愛に守られていたい ずっと夢を見ていたい 本当を感じていたいこの訳もなく 明けてく空に胸打つ様な 気持ちを死ぬまで忘れたくないのさ
さよなら僕の町GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ僕はバスに揺られ 知らない街を目指す 今まで見た物に 全部鍵をかけて 僕はバスに揺られ 知らない街を目指す ぬるい朝に項垂れて 悲しくなんかないのに  さよなら僕の町 遠ざかるよ 少しずつ さよなら僕の町 今は静かに眠るのさ 眠るのさ  誰もが歌う言葉に 僕は存在しない どうしてかって? 夢みたいに励ませないからさ  さよなら僕の町 遠ざかるよ 少しずつ さよなら僕の町 今は静かに眠るだけ 眠るだけ  僕はバスに乗って 知らない街を目指す 今まで見た物に 全部鍵をかけて
WONDER ALONEGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミあの丘まで行けば鳥達は鳴いて 朝焼けが眩しく胸が痛むのさ 夢を抱き家を出た青き日の衝動 午前五時の寒空に見とれてた  朝日よ急ぎ足で地球を走れ 新たな光の中 燃やすよ命をただ強く  時を越え変わりゆく町並みの表情 見つめては遠い記憶に重ねてた  朝日よ急ぎ足で地球を走れ 新たな光の中 焦がすよ心を 今強く  このまま丘を越えて知らない場所へ 見た事ない景色を見たいの  朝日よ急ぎ足で地球を走れ 新たな光の中 照らせよ私をただ強く
ロルカGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ西に太陽が落ちはじめ もうすぐ帰る時間が来るよ アンダルシアの詩集を片手に抱え ロルカのバラッドに夢を抱く  僕たちはまだ 遊んでいよう 僕たちはまだ 遊んでいよう  未来がやって来て 両手を掴んでも それでもただ夕陽は沈もうとする  さようならだね、今日も一日ありがとう 明日もお互い元気でありますように  聞いてほしいことがある 僕は今でもあのままさ 知ってほしいことがある 僕は今でもあのままさ  僕たちはまだ 歩いてゆく 僕たちはまだ 分からないことも  たくさんあるよ 当然のことさ それでもただ夕陽は沈もうとする  さようならだね、今日も一日ありがとう 明日もお互い元気でありますように
リアル鬼ごっこGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ幾つもの涙の粒を弾いて 平気なふりして 笑って過ごした 繋いだ手の 真っ白い肌  怖いもの無いよと強がる幼さ 手をほどき進む あの子も同じで 私たちは 青い春の中  生き急ぐとき 誰もがいま美しい 命短し 走れよ乙女よ どこへ逃げても 追い掛けて来る影を 振り返らずに 光へ進めよ  私たちは いま輝きの中  忘れたくないこと 忘れてしまうこと 大切にしてた隠れ家や魔法 宝物を捨ててしまうのは何故  輝いた目に この世界は美しい 自惚れないように 走れよ乙女よ 速いスピードで動いているから 動いていないように見えるかもしれないけど ああ  生き急ぐとき 誰もがいま美しい 命短し 走れよ乙女よ どこへ逃げても 追い掛けて来る影を 振り返らずに 光へ進めよ  輝いた目に この世界は美しい 脇目も振らず 走れよ乙女よ あの日あのとき どうすれば良かったなんて 立ち止まらずに ひたすら進めよ  私たちは いま輝きの中
大人になったらGOLD LYLICGLIM SPANKYGOLD LYLICGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ煙草の匂いが私の髪にすがる 駅の冷たいホームさ 夢を見るやるせない若者達の瞳は眠らない そうでしょう? 私たちはやる事があって ここで唄ってる  始発列車は今スカートを撫でてやってくる 寝惚けた街を抜け 『おはよう』なんて言う気分じゃないのさ 気が滅入る あぁ ずっと 子供でいたいよ  猫被り 大人は知らない この輝く世界がだんだん見えなくなっていくけど いつか昔に強く思った憧れは決して消えない 消えやしない  こんなロックは知らない 要らない 聴かない君が 上手に世間を渡っていくけど 聴こえているかい この世の全ては 大人になったら解るのかい  レイバンとレコードを買ったあの店は消えてしまって コンビニが眩しく光るだけ 知らないあの子が私の歌をそっと口ずさむ夜明け 優しい朝  こんなロックは知らない 要らない 聴かない君が 上手に世間を渡っていくけど 聴こえているかい この世の全ては 大人になったら解るのかい  こんなロックは知らない 要らない 聴かない君が 上手に世間を渡っていくけど 聴こえているかい この世の全ては 大人になったら解るのかい  大人になったら解るのかい
褒めろよGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ・いしわたり淳治松尾レミお世辞何度吐いたって 単純な馬鹿には見抜けないのさ 今日もよいしょしとけばいい いまに天まで昇り詰めて消えてくさ  歯の浮くセリフ 虫酸走るけど 我慢すんのは 簡単だろう  褒めろよ いつか世界が掌返すの見たいなら 褒めろよ でかい野望で敵を味方に変えてしまえよ 誰よりも輝く為 褒めろよ 踊る阿呆と踊るフリして  誰が何と言ったって 正解は自分の胸にあんのさ 今日も笑い飛ばせばいい いまに人も羨む場所へ行くからさ  古い奴らの 古いやりかたを 批判すんのは 簡単だろう  褒めろよ いつか世界が掌返すの見たいなら 褒めろよ でかい野望で敵を味方に変えてしまえよ 褒めろよ いつか時代の波が奴ら流し去るから 褒めろよ 神輿担いで祭り上げりゃご満悦だから 太鼓持って叩きまくれ 褒めろよ 踊る阿呆と踊るフリして
サンライズジャーニーGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ・いしわたり淳治松尾レミ大人しくバスを待っている幼気な僕等よ 仲間は行き先知らないで乗り込んで行ったな ポケットのコイン数えたら不安に負けるから 大好きな歌口ずさんで煙草に火をつけた  くしゃくしゃになった片道切符握るのさ 笑われたって最後に笑えるはずさ  ずっとバスを待っていた 時代が常に変わり続けてた 詰め込まれゆく人を眺めては 「きっと僕等の乗る車じゃない」  ずっとバスを待っていた ボロボロで行き先も読めなくて だけど予感に胸が騒ぐのは きっと僕等の思い込みじゃない  鞄に荷物詰め込んで背負ってきたけれど 軽くしていこう これからはでこぼこ道だから  僕らは何度躓いたっていいんだよ のんびり行こうぜ いつかは辿り着けるさ  ずっとバスを待っていた 時代は常に変わり続けてた 詰め込まれゆく人を眺めては 「きっと僕等の乗る車じゃない」  ずっとバスを待っていた 錆びたボディと軋むブレーキと 風の予感に胸が騒ぐのは きっと僕等の思い込みじゃない  ずっと今を待っていた 時代が僕の肩を叩くから 風の予感に胸が高く鳴る これは僕等の思い込みじゃない 僕らの思い込みじゃない 僕らの思い込みじゃない
踊りに行こうぜGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ・いしわたり淳治松尾レミ最近知らずに消えた黒い服のよく似合う 天才気取りの女はいつも嘆いていたっけ 「明日を待っていたって意味などないのよ」 感じるまま生きてるあんたに嫉妬深くなる  なら 踊りに行こうぜ カラダだけで 踊りに行こうぜ 闇に紛れて 踊りに行けば 踊りに行けば そんなことは忘れてしまえるのさ  最近煙草を止めて白い粉を飲んでる 健康マニアの女が痩せて騒いでいたっけ 「死ぬほどあたしは長生きしたいの」 捻れたまま生きられるあんたに嫉妬深くなる  なら 踊りに行こうぜ 欲だらけで 踊りに行こうぜ 人に紛れて 踊りに行けば 踊りに行けば そんなことは忘れてしまえるのさ  ここらじゃ言わずと知れた派手に金を撒いてた 勝ち組風情の女が毎夜語っていたっけ 「叶わない夢はどこにもないのよ」 腐った目で言い切れるあんたに嫉妬深くなる
焦燥GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ雨は止み 夜が来る コンクリートは脈を打つ 僕らはまた 抵抗なく 時の流れと平行するのさ  2秒前の自分でさえ もう過去のものとなっている 知らないうちにこんなに早く命を 消費している事に気づきもしないや  矛盾を盾にした大人たちは 本当が何か嘘が何かって事を忘れてる 苦しい今に慣れた僕らは 真実はどこにもあるって事を知ってる  勝ち抜くまで終わらない今日を 片付くまで変わらぬ景色を 見えぬ未来へ投げ捨てる事は 許されないんだ  間違いを探す事で答えが見える なんて思う人間だけじゃないさ 苦しい今に慣れた僕らは 真実は確かにあるって事を知ってる  矛盾を盾にした大人たちに なると分かってても抵抗出来ないんだ  苦しい今に慣れた僕らは 真実はどこにもあるって事を知ってる
MIDNIGHT CIRCUSGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ駆け出した砂漠の中でマッチの焦げる匂いがした  「そうだ今日は幻が見える」  インド象 アントワープの婦人 高価なドレス引き摺って 「今晩は」鳴らすステッキには僕の孤独は見えてない  夜のサーカスが闇に浮かぶ 死神が座り込み黙ってる 夜のサーカスが妖しく誘う 砂の中迷い込めば最後だ  燃え盛る火の輪 猛獣とマジシャン 手を叩けば 鳴り出すギター  駆け出した砂漠の中でマッチの焦げる匂いがした  「そうだ今日は幻が見える」  サーカスが闇に浮かぶ 死神が手招いて笑ってる 夜のサーカスが妖しく誘う 幻に迷い込めば最後だ  夜のサーカスが闇に浮かぶ 人々が寝静まり黙っている頃に サーカスが揺れる 揺れる  砂の中一人きり迷ってる
FLOWER SONGGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ脳はそう揺らいで 只のロックンロール夢を見る 騙し合いの音楽 僕らは泥にまみれて世界の朝を待つ 愛はそう愉快で 君のロックンロール夢を見る トランジスタのラジオとサニーサイダー  届け最後のビート 悲しみ誘う最後のビート 流れて行く 鳴るはフラワーソング 七色のバースデイ  向かおう 待つのはバスとロード 誰も知るわけないのさ 僕らは未だ気づいてない 走る時代のうねり 尖って言うのは 僕の嘆き
ミュージック・フリークGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ疲れきった眠たい眼と使い古した指先は 汚れきって誰よりも輝くばかり 遠目に見るいつしかの色鮮やかな君の眼が 幻だと気づくのはまだ、先のこと  ミュージック・フリーク 音楽はただ、広い丘を泳いで 死んでいくのさ ミュージック・フリーク  あの頃の希望の朝は 遠く、遠くの 君の目を覚まして 憧れだった 遠い、遠い場所へ 想いを馳せらせよう  ミュージック・フリーク 音楽はただ、広い丘を泳いで 死んでいくのさ ミュージック・フリーク
GypsyGLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ尖った道の方へ 歩いて行くのさ 赤い街はもうすぐ沈むよ 僕はジプシー 絶対などないのさ 誰にも知られず君は行くよ  呼ぶ方へ、呼ぶ方へ  灰の罠 夢のボーイ 騙されようぜ 灰の中 分かってないのは君たちだけ  尖った道の方へ 歩いて行くのさ 赤い街はもうすぐ沈むよ 君はジプシー  呼ぶ方へ、呼ぶ方へ  灰の罠 夢のボーイ 騙されようぜ 灰の中 分かってないのは君たちだけ
夜風の街GLIM SPANKYGLIM SPANKY松尾レミ松尾レミ夕暮れを抜け出した夏の空は静かに通り雨で、 攫ってゆくだけさ、世界を洗ってゆくだけさ  靄のかかった歌は、東京では唄えない 君の作った歌は、東京では流行らない 雨のあがった道を とぼとぼ歩いてきたのでしょう 私たち  街角は鳴るよ 響きだす家族の音 遠くに電車が行くよ 灯しだす街の色に染まったら 帰ろう 本当のことは知らずに 僕と  街角はいつも 騒ぎ出す夜風のにおい 遠くのあの娘をふと思い出したりする 灯しだす街の明かりが滲むこんな夜は 本当のことは知らないままでいたい
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. 新時代
  3. ウタカタララバイ
  4. 風のゆくえ
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. ベルベットの詩
  3. Scream
  4. Be Free
  5. Move On

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照